ご挨拶 前に戻る

 

令和3(2021)年度にあたり

千葉県弓道連盟会長 椎名好一 

 2020年の年初からの新型コロナウイルス感染禍のため、2020年度に計画していた行事のほとんどは中止となり、実施できた数少ない行事も内容を大幅に変更せざるを得ませんでした。2021年度の行事計画は、感染禍の継続を前提として、全行事について実施を前提とする計画を立案するとともに、新常態における万全の対策、すなわち徹底した感染予防対策等を以て新年度に臨む予定です。
 基本方針としては、2020年度と同様、会員の安心、安全と健康を最優先としつつ、可能な限り計画されている行事、活動を運営、遂行できるよう、役員一同一丸となって対処する所存です。その一方で、県内の感染者数の推移や、行政上の規制、関係諸団体の指示・ガイドライン等に基づいて予定行事の取扱いを常に継続的に検討し、必要な場合は躊躇なく中止、延期等の措置を講ずる覚悟を以て臨みます。つきましては、2021年度も会員の皆様にもより一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。
 具体的には、2021年度は全弓連のガイドラインに沿って1行事当たりの人数制限等に応じて行事内容を現実に即して最適化を図るとともに、2020年度に実施した通信大会、全国オンライン大会などを参考に競技会を含む全行事について制限下での充実化を図ることも目指したいと思います。2020年度後半に募集した講習会は、人数制限にもかかわらず受入枠を超える応募を頂き、止む無く参加人数を絞り込むという苦渋の決断を指導部に強いることになり、その結果として参加できなかった会員には大変申し訳なく思っております。一方で、この感染禍の最中にあっても、会員の皆様の講習を受けたいとの渇望ともいえる熱い意欲に対して深い感銘を受けました。
 2021年度も、全弓連とも連携を図り、最善を尽くす所存です。