ご挨拶 前に戻る

 

千葉県弓道連盟よりご挨拶を申し上げます

  

新年度を迎えるにあたって

    

 去る2月17日に開催されました臨時理事会において、会長に推挙されました椎名好一です。
 私は高校から弓道をはじめ、林初男先生に師事し、射学林道場に於いて30余年弓道修練に励んで参りました。七段を取得した時、「これからは己で考え、稽古せよ」と見守って下さったことが思い出されます。
 その頃でしょうか、千葉県連より指導部へのお誘いがあった時も、先生から、「県のために働け、それも稽古」とのお言葉を頂きました。以来10数年指導部の一員として微力ではありますが県連に携わって参りました。
 この間、石井先生の講習会等での指導力、そして自身への厳格さ、知識、実行力、また会長としての統率力に感嘆いたしておりました。反面、自分の甘さが身にしみる年月でもありました。果たしてこのような私が石井先生の後を受け、この重責が務まるのか不安で身のすくむ思いです。しかし、お受けする以上は石井先生が築き上げてきた千葉県弓道連盟をさらに前に進めて行く所存でおります。
 先生は常々「自分で自分に壁を作らない」と、よくおっしゃっております。そのためには私も含め会員一人一人が現状に満足することなく、先生のご指導のもと培った弓道をさらに発展させて一歩前へ進んでいくことが肝要と考えております。
 弓道は生涯をかけて継続的に追及するものだと思います。連盟会員全員で、同一方向を向き、道を求め、最高目標である「真・善・美」を目指し一心不乱に弓道修行を積んでいきたいものです。
 また各支部へのお願いになりますが、多くの方に健康的で、倫理観のある弓道を知ってもらい、その普及に努めていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。