ご挨拶 前に戻る

 

年頭のご挨拶

千葉県弓道連盟会長 椎名好一 

    

 あけましておめでとうございます。
会員の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、福井国体において成年女子の大活躍により、皇后杯3位、天皇杯7位の成績を収めることができました。台風直撃により大幅な日程変更を余儀なくされた中での活躍は、千葉県を代表する選手皆さんの精神力の強さを示してくれました。また、京都での全日本弓道大会では、土佐正明教士が3回目の優勝を飾り、日々の弛まぬ精進の花を咲かせました。
 中央審査会では、教士3名、六段6名、錬士10名、合計19名の方が昇格昇段されました。おめでとうございます。また、連合審査、県内審査におきましても多くの会員の方が昇段されました。
 さて、今年はお隣の茨城県で国体が開催され、関東ブロック予選が当県で行われます。各県代表が全力を出せるよう、運営に最善を尽くしてまいります。会員皆様のご協力をお願いいたします。
 平成の時代が終わり、新しい時代へと進んでまいります。弓道は射品・射格、人格形成を求め、生涯終わりのない修行道です。会員皆様が新しい時代に向け、心も新たに最高目標を目指し、弓道人としてさらに成長される一年となることを祈念いたします。